悩める体臭〜原因と改善法〜

近頃は若い方でも体臭や口臭に悩んでいる方が多いのではないでしょうか。

口臭の原因には喫煙・飲酒・コーヒーや清涼飲料水などを頻繁に飲むことなどが挙げられます。

鼻がその臭いに慣れてしまって自分では気付かないことも多いので、臭いの強い食べ物や飲み物を口にする際は注意する必要があります。 口の中が乾燥すると口臭の原因になる場合があるので頻繁にお水を飲むようにしてください。

口臭に関しては病気が原因でなければほとんどの場合改善できるでしょう。 しかしながら体臭はとても厄介で、改善するには結構な時間がかかってしまいます。

原因の一つは外食やコンビニ弁当が中心だったり、脂分が多く野菜の少ない食事です。

他にもデスクワークなどの動く機会の少ない仕事に就いている方やストレスが原因となっている場合もあります。

体内に脂分が多く残っていたり、ストレスなどが原因で皮脂の分泌量が増えるとその皮脂が酸化して体臭に繋がります。 特に血の巡りが悪くなっている方や便秘の方は、汗腺や腸内に老廃物が溜まっている状態なので臭いが発生しやすくなっています。

このように体臭は老廃物が溜まることによって発生するため、改善するには身体の中を綺麗にする必要があります。 まずは水を毎日たくさん飲むようにしてください。1日2リットル飲むことができれば理想的といえます。

ただし、むくみやすい人は加減が必要ですので、普段の量から少しずつ増やしながら自分に適した量を見つけて継続すると良いでしょう。

食事は和食を中心とし、野菜や果物を積極的に摂るようにしてください。 サプリメントや加工食品などには頼らず、ルーなどの一から手作りできるものはご自身でお作りになられることをおすすめします。

このような生活を続けることで腸内環境が整えられ、徐々に臭いがなくなっていくでしょう。

ページの先頭へ